2012年04月22日

月が綺麗その2

「日本は世界一愛が無くてヤバイ」
と西洋で長く暮らして来た人々は口をそろえて言う。
あんまりにもみんなが言うから
それは事実なんじゃないかと思うんです。

しかしぼくは日本人なので
もともと愛の概念が無いのです。

それは日本人が隣人を愛したり自己犠牲できないという意味ではなく
愛という外来語をうまく使いこなせてないと感じているのです。

調べたら日本は仏教とキリスト教から愛の概念を輸入したそうです。
しかし仏教とキリスト教では愛の意味が真逆なので
混乱をきたしているそうです。

ぼくはそろそろ「愛」を翻訳し直したほーがいいと思っています。

ぼくも愛が無くてヤバイ
とゆわれている日本人なので
ぎゅっと心が痛いのですが

町おこしは足元にある素敵なものをきちんと拾って磨くことだから
日本古来の「愛」と同じ働きの心を知りたいと思っています。

明治以降
日本人は「愛」とゆーーひとの言葉に頼りすぎて
自分たちの身体がもっている「愛」を
うまく磨いてこなかったのかもしれません。
もしかすると同じ頃
近代化によって「愛」が急激に失われていったのに
言葉だけ輸入して満足しちゃったのかもしれません。

「愛って何?」って質問すると
よくわからないとたくさんの人が答える日本の現状をみて
そう思います。

先輩おにいちゃんたちが口々に「愛」というその輪郭は
自己責任と他者に対する寛容と経済ではなく贈与によってつくられている感じがする。
近親者や男女の間に交わされる情のことではなく
どちらかというと他者との戦争しないための哲学や
自身を導いてゆく美のようなもののようだ。

ならば日本人の愛は幼稚なのかもしれない。
その言葉を使い始めた年月と同じに幼いのかもしれません。

自己責任と寛容と贈与によって書かれた
近代以前の日本の物語は何だろう?

それによってのみぼくの愛は解放される気がしています。
もしくはヨーコを母にして
その言葉を聞いていたい。




posted by bambora at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

月が綺麗

ダーリンが外国人の場合、お姫様だの天使だのlovelovekisskiss愛の言葉を毎日毎日シャワーのように浴びるものだから、ネットでガシガシ英語愛情表現集だのイタリア語愛情表現集だの検索し、こちらも負けずにお星様だの宝物だの王子様だの言い返す訳ですが、さすが歯がゆく「日本語愛情表現集」を探すのもこいつがなぜだかてんで見つからない。

母国語だからいちいち載せないのかいなと、日本人に恋する留学生のための恋文集を覗けば「あなたはわたしの宝物です」とか「きみは僕のお星様」とか直訳ばかり。小首をかしげて「ニャー」というのもあった(これはちょっとおもしろい)仕舞いには「日本人の愛情表現の乏しさは世界最低」と言われる始末。

「ぬしさんぬしさん、遊んでいっておくんなまし」と花魁が
「粋だねえ、伊達だねえ」と江戸っ子のお姉さんが
「今日の日は千歳の如く」と「生きの緒に思ひし君を」と「黒髪の白くなるまで」と万葉の人々が歌った
日本語愛情表現集はどこへ行った教えてウィキペディア!

そういえばこないだアイヌの大学教授にお話を伺う機会があったんだけど、「僕たちが今触れているのは江戸時代までのアイヌの生活なんだよ。それは江戸時代までの本州の人々の暮しとたくさん共通項があるんだよ。」と色んな話をしてくれたっけ。つまりは近代以前のアジアの人々の暮らしだ。それは明治以降奪われてしまった悲しい歴史でもあるんだけど。

慈悲も恩寵も恵みも哀れみも仁も情けも温かみもいつくしみもいたわりも慕情も性も切なさも献身も奉仕も忠義も熱情も執着も盲目もおんば日傘も猫かわいがりも不毛も純情も無垢も。

「愛」の一言に押し込めて、その分断された以前を古典のように「なにそれわかんねえ!」とまるで外国語の距離を感じながら妙に腑に落ち、言葉のような心を発掘のように丁寧に掘り起こす作業はぼくらも同じことなんだろう。

夏目漱石が「月が綺麗ですね」と
二葉亭四迷が「死んでも可いわ」とI love you を訳したのは有名な話ですが

「月が綺麗ねと」ほっとつぶやいて
「死んでも可いわ」と君の腕に落ち
小首をかしげてニャーと云いながら

ぼくは愛の在りどころを探していたい。
posted by bambora at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

函館出張そのに

iphone/image-20120418233139.png

タワーに登って五稜郭見物。
やあやあほんとに星型だ。
当時のすがたそのままに復刻された奉行所も完成。
みどころまんさい素晴らしい。

iphone/image-20120418233218.png

開港当時のお触書。
当時の怯えっぷりがみえておもしろい。

動物が何かに対面したとき
一番最初に現れるのは恐怖だそうだ。
そこらか150年。
恐怖からくるくると
友愛と共存の螺旋階段を登っていると信じたい。
にんけんだもの、みつを。

iphone/image-20120418233236.png

世界三大夜景ビューティホー。
チャイニーズの観光客ひしめきまくり中国語とびかいまくり。

港町は潮の香りに和洋折衷交歓の残り香。
そこにアジアの風吹き、ぼくはほっけを食らう函館の夜。
posted by bambora at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お手紙いただきました!

宮崎の子供たちから
「狼王ロボ」の感想文いただいちゃったよ!

愛情たっぷりなお手紙の数々に泣いちゃう!
なまらなまらありがとう!

image-20120418195714.png

image-20120418195734.png

posted by bambora at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

はるばるきたぜ函館

image-20120415052314.png

取材のため函館出張中ですの。
ハリスト協会で復活祭に参加させていただきましたの。

image-20120415052443.png

イースターエッグいただきましたの。
posted by bambora at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

あらきちゃんから愛、2012

image-20120412170542.png

稽古場にあらきちゃんから愛の差し入れ。
きゅううぅん。

五月
一人芝居フェスティバルにゆいちゃんとでるよ〜。

image-20120412170715.png

posted by bambora at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学食

今季から大谷大学で非常勤講師としてオペラの授業を担当させていただいてますの。

お昼ごはんはもちろん学食。

ああ、にゃつかしい〜。

image-20120412145919.png



posted by bambora at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。