2013年03月24日

オーディションかいし!

image-20130324185116.png

image-20130324185125.png

posted by bambora at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

函館出張中

いやはや、すっかりFacebookの住人になってご無沙汰しておりました。面目ない。訪れてくださってどもどもありがとーございます。

函館市民ミュージカルの演出のため函館入りしております。雪溶けしてるよ函館!

image-20130324010235.png

シャイなあのこが打ち解けてめっちゃキュートに笑ってくれたり、キュン死にするわもう!「劇場ってのは色んな価値観に出会うために行くんだよ」って、あのかっちょえ〜おねいちゃんがゆってたけど、市民劇もまた、小学生からおじいちゃんまで、ものすごくたくさんの価値観に出会うために集うのだなと改めておもう。そんなにたくさん塾行ってんのか中学生!とかね。

函館は観光資源も漁業も温泉も豊かだから、文化なくても大丈夫なんじゃないかと思うんだけど、資源の消費より未来への投資を考える年に番長なってきたからさ、もー散々に多様な価値観に揉まれてその中から共通項を探して新しいものをつくってゆく「クリエーションできる人材」が創作を通して作られてゆくのはすんげー大切だなーとしみじみ感じてます。ぼくも普段はせっまい芸術畑の住人なので、色んな人に会って話すのすっげーたのしー。

好きな四文字熟語は「呉越同舟」。
ぜんぜん違う奴らが同じ船で
わちゃくちゃ愉快に旅すんのが、昔から途方もなくすきなんだ。

……

明日のオーディションに向けて本読み。

市民ミュージカルは毎年地元の方のオリジナル脚本。だいすきそーゆーの。そうじゃなきゃ!今回は震災をテーマにしてる。みんなとディスカッションして驚いたのは、すごくたくさんの子どもたちがボランティアに行ってた事だ。函館は北海道で唯一津波被害で死者が出た街。駅前も津波でぐちゃぐちゃだったそうだ。東北は海を挟んで目の前、被災地に親族の方がいらっしゃる方も大勢いる。

お母さんと一緒にボランティアに行った8歳の女の子が「瓦礫が自分の背より大きくてびっくりした」って話したのが印象的だった。札幌でもボランティアに行った皆様たくさんいるけど、お母さんが8歳の娘とボランティアに行ったという事実に、札幌よりもっと切実な、海を隔てた向こう側の近さを感じる。

僕らがやっていいものでしょうかと言う意見もあって、もっともだと思う。
扱わせていただく、たぶんそんな気持ち。
いろんなひとがいろんな形で繰り返し繰り返し幾度も幾度も
語り尽くせぬ何かのために。

暖流と寒流が混じりあうところ
生まれろ生まれろ新しい命。と

函館ボーイズとイカ刺しつついて初春の夜風。




posted by bambora at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。